フジ住宅、収益物件の特徴

フジ住宅の土地活用では、収益物件で資産運用が可能となります。

収益物件とは、収益不動産とも呼ばれ、毎月一定の賃金収入のある物件のことをいいます。一棟売りのアパートや賃貸マンション、テナントビルなど家賃収入から収益を得る目的で不動産を購入し資産運用していきます。収益物件は、資産運用として物件を購入しますので建物自体が高すぎては利回りのよい資産運用とは言えなくなってしまいます。

たとえば、新築物件の場合では、もちろん建設が終わらなければ収益はありませんので建設中に収益は見込めません。そして新築は高額になりやすい場合が多いです。最初に入居する人には多少家賃が高くなっても入居が見込めるかもしれませんが、2回目以降の入居者には家賃は高いことに意味はありません。そうなると家賃を低くするしかなくなります。

フジ住宅の収益物件は、多くの土地情報の中から賃貸事業に適した土地を厳選することから始まり、専任のマーケティングスタッフによる綿密な市場調査を行います。市場に流通する中古収益物件でも好立地で優良な物件のみ厳選の上、仕入れをおこない商品化も行います。オーナーの賃貸経営が安心・安全・安定したものとなるように提案してくれます。