フジ住宅、第4準備書面後半の内容

今回は、フジ住宅が法廷に提出した第4準備書面の後半の内容を紹介します。フジ住宅公式ブログから引用します。また、長いため次回以降に分けたいと思います。

(3)目的に関連して-役員登用や従業員採用に見られる被告今井の姿勢-
被告今井の資料配布に差別意図があるというのが原告主張であるが、被告今井第2準備書面3頁にて述べたとおり、被告今井が、被告会社において、原告をはじめ在日韓国人を、従業員や役員として差別なく雇用、登用していることを再度強調しておく。
会社の役執行役員を除く取締役は、今井以下7名で、社外取締役2名と、社内取締役5名で構成されている。そして、被告会社の意思決定に最も関わる5名の社内取締役のうち、2名は(元)在日韓国人である。
具体的には、   取締役は入社時には在日韓国人であったが、入社し部長職に昇進した後、自身の意思で日本に帰化した。もう1名の   取締役は、入社時には日本国籍を得ていたが、もとは在日韓国人で中学生時代に両親の帰化に伴い、日本国籍を取得した者である。2名とも被告会社の社運がかかる要職にある。
ほかにも被告会社には在日韓国朝鮮人等の外国籍の従業員がおり、被告今井及び被告会社が、人材採用にあたって外国人を排除してきたわけでは全くない。
そして、日本国籍で入社した従業員(日本人)と、在日韓国朝鮮籍を有しつつ入社した従業員の昇進について、上記2名の取締役の例からも分かるとおり、在日韓国朝鮮人の従業員が差別を受けているようなことは一切ない。
「人種差別」や「民族差別」の色彩が色濃い企業であれば、5名の社内取締役中の2名が韓国系日本人ということはありえず、この役員構成は、創業者会長である被告今井がここまで会社を大きく育てるにあたって、在日差別など全くしてこなかったことの証明にもなる。そして、被告今井の意識において、資料配布の場面でも、差別意図やヘイト感情などがあるわけではないことは明瞭に高察いただけることと思われる。

フジ住宅の主張と懸念

フジ住宅の一連の訴訟は、もし万が一フジ住宅が裁判で負けることがあれば、フジ住宅でなく日本全体に及び日本の尊厳を否定されるような深刻な事態になる可能性があります。少なくとも、フジ住宅は公式ブログでそのように考えていると発表しています。

フジ住宅の主張に関して、原告の支援団体はヘイトスピーチであると糾弾しています。しかし、フジ住宅はその球団を理解できないとしています。もしフジ住宅が訴訟で負ければ、「中韓等、外国の国家、あるいはその国民性を批判する内容が含まれる、広く書店で市販されており、誰でもすぐに買う事ができる書物を、①読む事を強制せず、かつ、②受け取る事も強制せずに、参考までに社員に広く配布しただけで」それは「ヘイト行為」であるとされ、私企業の運営に国家が介入して、我が国の言論、出版の自由を大きく侵害する判決になる事が予想されるとしています。書店に並ぶ多くのすぐれた書籍もヘイト書籍として出版停止になるのではないかと懸念しています。

大げさではなく、このような事態になる可能性が考えられるためフジ住宅は懸念しているのでしょう。原告の訴えが全部認められるということは、そういうことなのです。だからこそフジ住宅はこの訴訟に負けるわけにはいかないと強い責任を感じています。

現在も続けられる原告側の主張に対して、間違っている部分は情報発信して正していくとしています。今後もフジ住宅側から指摘や発信があればその都度紹介していきます。

フジ住宅の訴訟と裁判 原告の訴えに関して

フジ住宅は原告の訴えに困惑しています。というのも、現行の訴えは元より、原告を支援するという団体の行為がエスカレートしていったからです。当初はパート従業員として勤務を続けていた原告に対して、フジ住宅はプライバシーを守ろうとインターネット上の情報核酸を控えていました。しかし、原告の支援団体が駅前でのポケットティッシュの配布やツイッターでの情報核酸、署名活動などを大々的に行ったのです。

フジ住宅は公式ホームページで、下記のようにも書いています。

 

一般論として、海外に住み、そこで外国企業に勤務する我が国の国民は、誰もがその国で、多かれ少なかれ我が国への批判を伴った文書、発言、行為に直面する事があると思います。中国では、何年か前に、デモによって本邦企業の多くが暴力的な破壊に晒され、日本人社員は身の危険に実際に晒されたのであり、韓国においても、我が国の国旗を踏みつけられ、火をつけられる映像が、全国的に放映された事がありました。もちろんそれらの企業の中に在るディスプレイにもニュースの度にそれらの映像が映し出されたに違いありません。

 

原告の考え方で行くと、韓国に住む日本人は毎日、今もあの「撤去されない慰安婦像」によって韓国と言う国家から「ヘイト行為」を受けていることになります。しかしそんな訴訟を韓国政府相手に起こした日本人はいません。 一体全体、弊社が原告に対して何か一つでも違法なことをしたでしょうか。何一つ、そのようなことはなく、ただの一度も原告は社内で「民族差別、人種差別」を受けた事はありません。

 

逆に、ベストセラーになったような書籍を配布しただけなのに、その中に原告の気分を害するような記述があったという理由で、言論の自由が保障されている社会では、大人であれば引き受けなければならない当然の常識をわきまえない原告によって、当社は「ヘイトハラスメント企業」だと原告と、原告を支援する人々に糾弾され、難波や、岸和田で、一方的な批判の街宣をされ、困惑しているのです。

出典:https://www.fuji-jutaku.co.jp/blog/?year=2017

 

もはや対応すべきは原告ではなく、原告の支援団体と考えています。こうした一方的な行動で訴訟による不利などが起きることなく、公正な判断で解決されることを望みます。

フジ住宅 自由設計間取りの家

フジ住宅の住まいは、自由設計プランを選ぶと間取りも自由自在に作ることができます。たとえば、ルーフバルコニーを作って家族で星空リゾートを満喫したり、主婦の方が使いやすいと人気のワイドバルコニーにしたりと、バルコニーだけでも複数の選択肢が生まれます。

部屋だけでなく、インナーテラスやサンシャインダイニングを取り入れてペットがのびのびと生活できる空間やご近所の方たちとアウトドアでティータイムを過ごすことも可能です。

一般の住宅ではなかなか実現しにくい、贅沢空間吹き抜けもフジ住宅では作ることができます。迫力の高さに、開放的な気分を味わうことができるでしょう。ダイニングに吹き抜けを設置すれば、晴れた日には陽の光を存分に感じることができ、明るい食卓を演出します。

階段も、ストレート階段のほかに螺旋階段を作ることができます。まるで小さなお城のような自分だけのこだわりの階段を作ることができるので、相談しながらワクワクできそうですね。

間仕切りを可動型にすることができるので、小さなお子さんのいる家庭は家族の成長に合わせて部屋の間取りをかえることができます。また、急なお客様が来た時にもパーテーションとして活躍するでしょう。その時その時に合わせて臨機応変に活用することができる、便利な間仕切りです。

収納も充実しています。憧れのウォークインクローゼットや、子どもが喜ぶロフトも設置可能です。たっぷり収納しながら時には遊びにも使える空間を、フジ住宅ではしっかり家に組み込んでいきます。

今回紹介したのは一例ですが、他にも様々な自由設計が可能です。自分だけのオリジナルの住宅を作りたいという人にピッタリのプランといえるでしょう。

フジ住宅の沿革

フジ住宅の沿革を簡単に紹介します。

フジ住宅株式会社

 

本社

岸和田市土生町1丁目4番23号

 

事業内容

分譲住宅、マンションの販売、管理、建築、土木工事の設計、監理、請負

 

昭和48年

フジ住宅を個人創業

 

昭和49年

フジ住宅株式会社を設立

 

昭和61年

分譲マンション事業を開始

 

昭和63年

事業用マンション事業を開始

 

平成 2年

大阪証券取引所市場第二部上場

 

平成 3年

資産活用事業を開始

 

平成 6年

定期借地権付住宅事業を開始

 

平成 8年

中古住宅再生事業「快造くん」を開始

 

平成11年

大阪支社開設

 

平成12年

資産活用事業部と定借事業部を統括し、土地有効活用事業部を設置

 

平成15年

東京証券取引所市場第二部に上場

 

平成17年

東京証券取引所・大阪証券取引所の市場第一部に昇格

以上、公式ホームページから抜粋しました。

今井社長はかつて別の不動産関連会社でセールスマンをしていました。トップセールスマンとして活躍していましたが、兄弟の病気や進学、家族の生活費と何かと苦労が多く、夜中の12時や1時まで働きながら休日はほとんどないという毎日を過ごされていたそうです。

そうした苦労があったからこそ、独立したときは社員の方の幸せを一番に願うようになりました。社訓にも、第一に社員のため、そして次に社員の家族のため、と書かれています。社員の方は今井社長に大切に思われていて、だからこそフジ住宅で様々に活躍されているのだと思いました。

社長と社員が思い思われているのは決して珍しいことではありませんが、フジ住宅にはそれ以上の信頼関係があるように感じました。